左打者必見!左ピッチャーを苦にしないバッティングの秘策

左打者で左ピッチャーを苦にする人は多くいます。

原因としては、そもそも左ピッチャーと対戦する機会が少ないため、十分に練習するのが難しいことが挙げられます。

しかし、良い左打者になるためには、左ピッチャーを苦にしないための対策が必要です。

今回は、左打者が左ピッチャーを苦にしないための打ち方を紹介します。

左ピッチャーが打てない原因

左打者が、左ピッチャーを苦手とする理由の一つに、打った後に一塁方向に走らなければいけないという点が挙げられます。

もちろん、これだけが理由ではありませんが、左バッターにとっては、左ピッチャーの場合、背中に近い側からボールが来る上、打った後に一塁に走るため、どうしても開きが早くなりがちです。

そのため、かかと側に体重がかかりやすく、ボールを引っ掛けたり、アウトコースのボールに対して、当てただけのバッティングになることがあります。

左ピッチャーのボールをしっかりと打ち返すためには、開きをなるべく抑え、かかと側に体重がかからないように注意が必要です。

左バッターを科学する

左バッターを科学する

1,650円(07/10 22:53時点)
発売日: 2016/09/01
Amazonの情報を掲載しています

左ピッチャーの攻略のポイント

左打者が、左ピッチャーを攻略するためには、打った後に三塁側に走る意識を持ってみましょう。

そうすることで、打った後に軸足のつま先に体重がかかるため、開きを抑え、インパクトの時にも、打球に体重が乗った強い打球を打てるようになります。

また、バッターボックスに立つ際は、ベースから離れて立ち、アウトコースに対して踏み込んで打つことで、より開きを抑えて打つことができます。

左ピッチャーを苦にしている左打者は、ぜひ試してみてください。

動画ではさらに詳しく説明していますので、下記から動画をご覧ください。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=go7N69AwB3k

ミノルマン

Youtuber

大阪桐蔭高校ー亜細亜大学ーJR東海ー引退 指導者

※野球塾〜amazing〜開講中 団体指導受け付けます

※〜オンライン動画指導も絶賛実施中〜