打ち損じを防ぐ!ミート率を上げるために抑えるべきポイント

バッティングでホームランやヒットなど、良い結果を残すためには、インパクトでしっかりとボールにミートする必要があります。

いくらパワーがあっても、鋭いスイングができていても、ボールの芯をバットの芯で捕えることができなければ、打ち損じてしまうことになり、打率はなかなか上がりません。

今回の記事では、トクサン流のバッティングでの打ち損じを防ぎつつ、ミート率を上げるために大切なポイントをご紹介します。

顔を残しボールを線で捕える

インパクトでボールにミートするためには、まずはボールの軌道をしっかりと目で捕らえなければいけません。

目でしっかりとボールを捕えるためには、スイングの動作に入ってからも、最後まで顔の方向を変えないようにすることが大切です。

また、得意なコースにボールが来ても、打ち気に逸ると、余計な力が入ってしまったり、顔が開いて早く目を切ってしまう上、目線がブレてしまうことにつながります。

そうなると、バットが外回りするため、得意なボールも打ち損じてしまいます。

顔はいつでもインパクトの瞬間が視野に入るように、 顔の向く方向を変えずに、そのまま残すように意識しましょう。

フォロースルーの後も、後ろの肩(右打者は右肩)の上にあごを乗せるようにすると、顔を残すことができます。

スイングをボールの軌道に乗せる

次に、スイングの軌道について意識するポイントです。

スイングの際には、バットをボールの軌道に対して、出来るだけ長く乗せることでミート率を上げることができます。

バットの軌道をボールが通る軌道に合わせてスイングすることで、多少タイミングがずれてしまっても、空振りする確率が減ります。

そこで注意しなければならないのが、バットをこねないことです。

バットをこねてしまうと、ボールの軌道から早く外れてしまうことになり、ボテボテのゴロのような打球や空振りが増えてしまいます。

そのため、バットを内側から出し、いわゆるインサイドアウトの軌道でのスイングを心がけましょう。

ボールの内側を打つ

バットを内側から出し、インサイドアウトのスイングをするためには、ボールの内側を打つことを心がけましょう。

ボールの内側とは、自分の体に近いボールの側面となります。

ボールの内側を打つためには、自分の体とボールの間にバットを入れなければいけません。

そうすることで、自分の体の近くからスイングすることを意識できるため、インサイドアウトの軌道でスイングをすることができるようになります。

インサイドアウトのスイングは、ミート率が上がるメリットの他にも、打球の飛距離を伸ばすためにも有効なスイング軌道です。

ぜひ、身につけられるようにしましょう。

acics(アシックス)  カウンタースイング

acics(アシックス) カウンタースイング

15,794円(11/14 17:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

詳しくは、動画でご覧ください。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=_XgcE7VphEYc

トクサン

Youtuber

野球YouTuber・トクサンです!帝京高校で甲子園出場→創価大学で全国4強(主将)でドラフト候補。SWBC JAPAN 軟式日本代表。