誰でもできるスイングスピードを一瞬で簡単に速める方法!

良いバッターの条件に、スイングスピードの速さがあります。

なぜ、スイングスピードが速さが、良いバッターに必要な条件かと言えば、それは下記のメリットがあるからです。

  • ボールを長く見ることができる
  • 打球速度が速くなる
  • 飛距離が伸びる

この記事では、トクサンTVで紹介されている動画の中から、誰でもスイングスピードを一瞬で簡単に速める方法を解説します。

スイングスピード測定器 PRGR(プロギア) NEW RED EYES POCKET

スイングスピード測定器 PRGR(プロギア) NEW RED EYES POCKET

7,800円(10/22 11:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

スイングが速いほど得られる3つのメリット

まずは、スイングスピードが速くなることによって得られるメリットについて解説します。

1つめのメリットは、ボールを長く見ることができることです。

相手ピッチャーは、バッターをアウトに打ち取るため、速球や変化球などバッターが打ちづらいボールを駆使して攻めてきます。

例えば、150kmの球速を打ち返す場合、ピッチャーの指先からボールが離れて約0.4秒でキャッチャーまで到達するため、バッターは0.4秒の間に、ボールを見極め、スイングを開始しなければいけません。

スイングスピードが遅いバッターほど、バットを早いタイミングで振り出さなければならないため、ボールを見極める時間が少なくなります。

スイングスピードが速いほど、バッターはスイングの開始までに余裕を持つことができるため、ボールを長く見ることができます。

2つめのメリットは、打ち返す打球速度が速くなることです。

スイングスピードが速いバッターは、スイングスピードに比例して、打球速度も速まるため、例えゴロになっても、野手の間を抜けてヒットになる可能性が高まります。

3つめのメリットは、打球の飛距離が伸びることです。

打球速度が速くなると、飛距離も伸びるため、ホームランや長打になる可能性が高まります。

これらのメリットからもわかる通り、スイングスピードを上げることは、良いバッターになるために欠かせない条件なのです。

インパクトの瞬間、息を止める派?吐く派?

バッターの打つ瞬間の呼吸と言えば、昔は打つ瞬間に止めると言う方が少なくありませんでした。

ヤクルトスワローズで活躍した古田敦也氏は、打つ時は息を止めると述べていました。

しかし、最近の好打者では、声を出しながら打つ選手や息を吐きながら打つ選手が増えています。

例えば、イチロー選手や丸選手などは、声を出しながら、素振りやバッティングをしているシーンがテレビを通じてもわかります。

ちなみに、息を吸いながら打つタイプはほとんどいない思われます。

では、なぜ声を出したり、息を吐きながら打つ選手が増えたのでしょうか?

声を出すことでスイングスピードが上がる

声を出す選手が増えた理由は、声を出すことによって、腹圧を上がり、それが結果的に体幹を使ったスイングにつながるからです。

トクサンたちが通うIWAの木村トレーナーによると、スイングの時に声を出すことによって、腹筋が縮んで腹圧が上がるため、体幹を使った瞬間的なパワーが増すとのことです。

また、息を吐くだけでなく、声に出すことで、インパクトのタイミングも合わせやすいメリットがあります。

実際に、トクサンたちがスイングスピードを測ってみると、5km/h程度スイングスピードが速くなっています。

スピードガン SSK製マルチスピードテスターIII MST300

スピードガン SSK製マルチスピードテスターIII MST300

28,512円(10/22 12:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

この方法であれば、誰でも簡単にスイングスピードを速めることができます。

まだ実践していない方は、すぐにでも試してみてください。

実際の効果など、詳しくは、動画をご覧ください。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=k2yBRXJC0pA

トクサン

Youtuber

野球YouTuber・トクサンです!帝京高校で甲子園出場→創価大学で全国4強(主将)でドラフト候補。SWBC JAPAN 軟式日本代表。