転がす打撃の正しい理解と打率が残せる選手の育て方

少年野球では、試合のバッティングでフライを打つよりも転がせろと指示することがあります。
理由としては、相手の守備にボールを捕ることと、送球させるという2つの動作をさせることで、エラーの確率が上がるということが考えられますが、それは必ずしも選手の将来のためにはなりません。
今回は、打球を転がさせる指導とそのリスクについて紹介します。

選手を伸ばすための声のかけ方ついては、「本番に強くなる!親・指導者の選手に対する言葉のかけ方」をご覧ください。
野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ

野村の教え方 すべての指導者に贈る最後のメッセージ

克也, 野村
2,410円(12/04 20:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

↓↓↓ 動画はこちら ↓↓↓

引用:https://www.youtube.com/watch?v=QSB0wDkLCM0

本番に強くなる!親・指導者の選手に対する言葉のかけ方

2021.03.20

JBS武蔵

Youtuber

《コーチ》下 広志・河合 亮
小・中学生向けに、野球スクールでバッティングを直接指導、動画でのフォーム解析・指導をオンラインで提供する。
YouTubeでは、バッティングの他、守備、ピッチングなどの理論から練習方法まで情報を配信中。