ゴロは正面に入ることが必ずしも正解ではない!

内野守備の指導では、ゴロの捕球の際に「正面に入れ」という言葉を聞くことが多くあります。
しかし、ゴロをうまく捕球してアウトにするためには、必ずしも正面に入ることが正解ではなく、むしろ捕球を難しくしている場合もあります。
ゴロを正面で捕る場合と、そうではない場合のポイントはどこにあるのでしょうか?
今回は、ゴロを正面以外でも捕れるようになる方法について解説します。

盗塁を決めるためのスタート以外に大切なポイントについては、「走塁の神・鈴木尚広(42歳)は今…どれだけ盗塁できるのか?」をご覧ください。
サクライ貿易(SAKURAI) 野球 守備練習専用グラブ

サクライ貿易(SAKURAI) 野球 守備練習専用グラブ

9,156円(04/21 16:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

引用:https://www.youtube.com/watch?v=dZx5G5LUOmg

トクサン

Youtuber

野球YouTuber・トクサンです!帝京高校で甲子園出場→創価大学で全国4強(主将)でドラフト候補。SWBC JAPAN 軟式日本代表。