脇を閉める練習の注意点!バッティングの合理的な練習のためのポイント!

バッティングフォームで脇が開いてしまうクセを修正する時に、脇にタオルを挟んで落ちないようスイングする練習を取り入れることがあります。
しかし、単純に脇を閉めることだけを意識したスイングを繰り返すと、間違った解釈で体の使い方を覚えることにも繋がる可能性があります。
このような練習方法は、目的と体の使い方をしっかりと認識した中で、取り組むべきです。
今回は、脇を閉める練習の注意点と合理的な練習方法を紹介します。

トップの位置とスイング軌道のポイントについては、「強いインパクトの形とは?打率UPもできるスイング軌道とトップの作り方」をご覧ください。
バトルロープ プロ仕様 (ブラック, 38mm X15m)

バトルロープ プロ仕様 (ブラック, 38mm X15m)

5,380円(06/13 23:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

↓↓↓ 動画はこちら ↓↓↓

引用:https://www.youtube.com/watch?v=ol_6JD_HyLM

強いインパクトの形とは?打率UPもできるスイング軌道とトップの作り方

2021.02.10

JBS武蔵

Youtuber

《コーチ》下 広志・河合 亮
小・中学生向けに、野球スクールでバッティングを直接指導、動画でのフォーム解析・指導をオンラインで提供する。
YouTubeでは、バッティングの他、守備、ピッチングなどの理論から練習方法まで情報を配信中。