【動画】打率を上げるためのレベルスイングとは

打者として良い成績を残すためには、高い打率を残すことが必要です。

例え、オーバーフェンスを打てるバッターあっても、打率が1割では、主軸を任せられることはないでしょう。

つまり、ホームランバッターであっても、一定の打率を残すためには、ボールにミートさせなければいけません。

今回は、古田敦也氏が打率を上げるためにオススメする、レベルスイングを解説した動画を紹介します。

コースに応じたインパクトのポイント

基本的に、ボールをバットの芯で捉えるためには、コース毎に打つポイントがあります。

インコースは少し前のポイントでレフト方向、真ん中のコースは力の入りやすい真ん中でセンター方向、アウトコースは少し後ろのポイントまで引きつけてライト方向へと打ち返します。

しかし、それぞれのポイントを点として考えてしまうと、ボールにミートする確率は低くなります。

例えば、インコースのボールに対して、トップからまっすぐにバットを出すと、ダウンスイングのような形になります。

そのため、少しでもタイミングがずれてしまうと、ミートポイントがずれてしまう確率が高くなります。

バッティングでボールをミートするには、打つポイントを点ではなく、面で捕らえる必要があります。

面で捕らえる打ち方とは、バットの芯で打つのではなく、ボールの芯を打つことに焦点を当てた打ち方とも言えます。

140km超でも打てる!球速の速いストレートを打ち返す方法

2018.10.24

面でボールを捕らえるレベルスイング

ピッチャーが投げるボールを面で捕らえるためには、レベルスイングが有効です。

上から下に叩くようにバットを振るスイングをダウンスイング、下から上に振り上げるスイングをアッパースイングと言います。

それらに対して、レベルスイングとは、地面と平行に近い形で振るスイングを言います。

レベルスイングをすることによって、ボールを面で捕らえることができるため、タイミングがずれてしまった場合でも、ファールで逃れることができたり、詰まってもヒットになる可能性が生まれます。

ホームランを狙うよりも、打率を上げたい方や、ヒットエンドランなどミートを心がけたい時は、レベルスイングを心がけてみてください。

打率をあげるための野球道具

レベルスイングについての動画は下記よりご覧いただけます。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=wl_wYzlhOOc