逆方向に強い打球を打つための下半身の使い方

バッティングでは、引っ張る方向への打球は飛距離が出やすいですが、逆方向は弱い打球になってしまうことが少なくありません。

しかし、下半身の使い方次第では、逆方向に強い打球を飛ばすことができます。

今回は、逆方向に強い打球を打ち返すための、下半身の使い方を紹介します。

軸足を後ろにずらす使い方

逆方向に打つときに、軸足を後ろにずらす打ち方をする選手がいます。

これは、軸足を後ろにずらすことで、骨盤を逆方向に向けることができ、強い打球を打ち返すことができるからです。

打球は逆方向に飛んでいるにも関わらず、骨盤が先に回転してしまうと逆方向に強い打球を打ち返すのが難しくなります。

逆方向へ強い打球が飛ばない選手は、骨盤の回転が早くないかを確認し、骨盤が回り過ぎている場合は、軸足を後ろにずらして骨盤の動きを制限してみましょう。

前の足への体重移動

軸足を後ろにずらす打ち方は、前への体重移動がうまくできない選手の練習方法としても有効です。

バッティングでは、軸足から前足に体重移動を行う並進運動と、スイングするための回転運動を伴います。

体重移動がうまくできない選手は、軸足をずらした打ち方をすることで、前足に素早く体重移動をすることができます。

注意するべきポイントとしては、骨盤の動きを完全に止めるのではなく、スイングした後は、自然に回転していくようにしましょう。

また、手打ちになってしまわないように注意しましょう。

繰り返し打つためのポイントや体の使い方を覚えるためには、スタンドティーでの練習がおすすめです。

Cyfie バッティングティー 硬式/軟式球/ソフトボール対応

Cyfie バッティングティー 硬式/軟式球/ソフトボール対応

3,399円(04/09 20:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

動画ではさらに詳しく説明していますので、下記から動画をご覧ください。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=nam6rKdX3xE

JBS武蔵

Youtuber

《コーチ》下 広志・河合 亮
小・中学生向けに、野球スクールでバッティングを直接指導、動画でのフォーム解析・指導をオンラインで提供する。
YouTubeでは、バッティングの他、守備、ピッチングなどの理論から練習方法まで情報を配信中。