高速クイックのピッチャーに対応する方法

バッターが打席に立つ場面は、相手ピッチャーのタイプやランナーの有無など、様々な状況があります。

特にランナーがいる場面では、相手ピッチャーも盗塁を警戒し、クイックモーションで投げることがあります。

バッターとしては、早いクイックモーションであっても、相手ピッチャーのタイミング合わせて打ち返す必要があります。

今回は、相手ピッチャーの早いクイックモーションに対応する方法を解説します。

変化球が打てない原因判明!変化球を簡単に打つコツ!

2020.06.12

クイックに合わせる方法

クイックモーションがうまいピッチャーになると、バッターはうまくタイミングを合わせることができず、強いスイングができなくなってしまいます。

早いタイミングでスピードのあるボールを投げられると詰まってしまったり、あるいは、緩いボールで泳がされてしまうことも考えられます。

これらに対応するためには、バッターは早めに準備をして、ボールをしっかりと見極めながらタイミングを取らなければいけません。

そして、ボールを見極めるためには、早めにトップを作り、いつでもスイングができる状態にしておく必要があります。

早めにトップを作り、いつでもスイングができる状態にするには、普段よりも重心を軸足側に移し、グリップもトップに近い位置に構えておくことで対応できます。

相手ピッチャーがセットポジションに入ったら、軸足側に体重を移動させましょう。

また、グリップをトップに近い位置になるよう、少し引きます。

そうすることで、トップを作るまでの時間が短縮され、余裕を持って相手のクイックモーションに合わせることができるようになります。

クイックに合わせるためのポイント
  1. 重心を軸足側に移しておく
  2. トップに近い位置にグリップをおく

動画ではさらに詳しく説明していますので、下記から動画をご覧ください。

室内向け 野球練習球 発泡スチロールボール20個セット

室内向け 野球練習球 発泡スチロールボール20個セット

3,162円(07/10 18:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

引用:https://www.youtube.com/watch?v=AB7njdS8It4

ミノルマン

Youtuber

大阪桐蔭高校ー亜細亜大学ーJR東海ー引退 指導者

※野球塾〜amazing〜開講中 団体指導受け付けます

※〜オンライン動画指導も絶賛実施中〜