外野手守備!トンネルしないゴロの捕り方

外野手の守備は、内野手に比べて守備機会が少ない傾向にありますが、1つのエラーが長打と同じダメージになってしまうことがあります。

特に、前に飛んできたゴロを後ろに逸らしてしまうと、ホームランになってしまうこともあるため、ゴロは最悪でも後ろに逸らさないことが大切です。

今回は、外野のゴロ捕球をよりうまく捕るための、打球に対する入り方やハンドリングなどのポイントを紹介します。

ゴロ捕球の歩幅の合わせ方

外野でゴロが飛んできた際、右投げの場合は、右足を前にして捕るようにしましょう。

右足を前にして捕ることで、3つのメリットがあります。

右足を前にして捕るメリット
  1. ハンドリングに余裕ができる
  2. 目線が低くなりゴロに対応しやすい
  3. 送球がスムーズになる

1つめのメリットは、ハンドリングに余裕ができることです。

捕球の際に左足が前に出てしまうと、左足が邪魔になるため、グラブの動く範囲が狭くなってしまいます。

右足を前にすることで、捕球できる範囲に余裕が生まれ、様々なバウンドに対応することができます。

2つめのメリットは、目線が低くなり、ゴロに対応しやすいことです。

右足を前にすることで、左肩を下げやすくなるため、目線が低くなり、ボールの高さに目線を合わせることができます。

目線が高いまま捕球に入ると、ボールから先に目を切ってしまいやすく、エラーに繋がりますので注意しましょう。

3つめのメリットは、送球がスムーズになることです。

捕球の時に、ハンドリングに余裕ができる上、低い姿勢で入っているため、ボールの握り替えやステップにも余裕が生まれます。

捕球時のグローブの出し方

グラブは、早めにボールのラインに入れ、後ろから前に出してバウンドを合わせましょう。

基本と実践で差がつく! 外野手 最強バイブル (コツがわかる本!)

基本と実践で差がつく! 外野手 最強バイブル (コツがわかる本!)

1,727円(09/29 20:12時点)
発売日: 2018/04/15
Amazonの情報を掲載しています

前から後ろに引くようにグラブを入れてしまうと、グラブが上から出てしまい、トンネルの原因にもなりますので注意しましょう。

後ろから前に入れることで、イレギュラーバウンドにも対応しやすく、捕球後のボールの持ち替えがスムーズになります。

動画ではさらに詳しく説明していますので、下記から動画をご覧ください。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=AGSY9HakORU

トクサン

Youtuber

野球YouTuber・トクサンです!帝京高校で甲子園出場→創価大学で全国4強(主将)でドラフト候補。SWBC JAPAN 軟式日本代表。