ピッチング動作における捻転差の正しい作り方

ピッチング動作における捻転差はボールのスピードや回転数に影響を与えます。
しかし、捻転差はピッチング動作の中で瞬間的にできるため、捻転差を作ろうと意識をしても、必ず効果が出る訳ではなく、バランスを崩す原因になることもあります。
そのため、意図的に捻転差を作るのではなく、ピッチング動作の中で自然にできる方が理想的だと言えます。
今回は、ピッチング動作における正しい捻転差について解説します。

自分に合った投げ方を見つける方法については、「「個性を活かす」の前にピッチャーがやるべき3つのステップ」をご覧ください。
StrongTek バランスボード 体幹・股関節トレーニング

StrongTek バランスボード 体幹・股関節トレーニング

6,490円(10/20 15:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

↓↓↓ 動画はこちら ↓↓↓

引用:https://www.youtube.com/watch?v=GfrB-3egnZ4

「個性を活かす」の前にピッチャーがやるべき3つのステップ

2021.01.03

森 洋人 もり鍼灸整骨院

Youtuber

野球肘・野球肩などを投球動作から根本的に治す治療家。
京都市・もり鍼灸整骨院の院長の他、野球教室などでも投球動作の指導を行う。
樟南高校で甲子園出場ベスト8進出・鹿児島県沖永良部島出身。