飛距離・球速アップのための体幹トレーニング

野球では、打つ時や投げる時に、「下半身を使う」というフレーズは、誰もが一度は聞いたことがあるフレーズだと思います。

打つ時も投げる時も、体の最後にバットやボールに触れるのが手ですが、下半身から上半身にかけて体全体の力をうまく使うことで、強い打球を打ち返したり、速いボールを投げることが可能になります。

この記事では、野球のバッティングやピッチングに必要な、下半身で溜めたパワーを、上半身に伝える技術を身につけるトレーニング方法を紹介します。

下半身のパワーを伝えるのは技術

バッティング、ピッチングのそれぞれの動作には、体の回転運動が欠かせません。

下半身のパワーを上半身に伝えるためには、体重移動を行い、股関節を軸とした回転運動から、溜まったパワーを上半身、そして最後はバットやボールに伝えます。

しかし、せっかく溜めたパワーも、伝えるべき方向に伝えることができなければ、無駄になってしまいます。

つまり、パワーを伝えるべき方向に伝えるということは、その人が持っている技術と言えます。

その技術を身につけるために、メディシンボールを使ったトレーニングがあります。

いろんなトレーニングができる メディシンボール 5kg

いろんなトレーニングができる メディシンボール 5kg

2,189円(10/22 08:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

片膝立ちでのメディシンボールを投げるトレーニング

このトレーニングは、片膝をついた姿勢で行います。

そもそも、この片膝立ちは、股関節のコアの部分の安定性が求められる姿勢です。

股関節でバランスが取れていないと、片膝立ちの姿勢で、安定して立つことができません。

片膝立ちのまま、ボールを斜め上に振り、ボールを引いた時にお尻を引く動作を入れます。

そして、勢いをつけてボールを力強く投げます。



この時、注意するべきポイントとして、股関節をしっかりと使い、腕だけで投げないようにしましょう。

また、ボールを引いた時に、膝が内側に入らないようにしましょう。

狭い場所でも使える ソフトメディシンボール 3㎏

狭い場所でも使える ソフトメディシンボール 3㎏

1,804円(10/22 09:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

しっかりと、股関節の動きを意識してトレーニングすることで、体の回転速度をアップさせることができます。

詳しくは、動画をご覧ください。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=N9pxpkqpt2g

JSB武蔵

Youtuber

《コーチ》下 広志・河合 亮
小・中学生向けに、野球スクールでバッティングを直接指導、動画でのフォーム解析・指導をオンラインで提供する。
YouTubeでは、バッティングの他、守備、ピッチングなどの理論から練習方法まで情報を配信中。