【動画】野球肘を防ぐために球数制限はあり?

野球選手が負うケガには、肩や肘、腰、股関節、膝など様々な部位のケガがありますが、その中でも最も多いケガとして、“野球肘”が挙げられます。

野球肘は、ボールを投げる時の肘の運動によって起こるケガで、筋肉や筋が引っ張られたり、骨や軟骨が擦れることによって痛みが生じます。

特に、小学生や中学生など、体がまだ完成していない選手で多く見られるため、注意が必要です。

万が一、野球肘をそのままにして、治療をせずにボールを投げ続けると、さらにケガは悪化し、選手生命を縮めることにもつながります。

野球肘の症状としては、肘の内側、もしくは外側に痛みを感じる、肘がまっすぐに伸びないなどの症状があります。

今回は、特に少年野球のこども達に多く見られる“野球肘”を防止するための方法を紹介します。

正しい投げ方を知る

ボールを投げる際、肘や肩に負担がかかるような投げ方をしてしまうと、いくら準備運動や筋力を鍛えても、野球肘になる可能性は高まります。

野球肘を防止するためには、肘や肩に負担が少ない正しい投球動作を覚えることが、とても大切です。

ボールをトップに持ってきた時、肘が頭の方に倒れるようにしましょう。

この時に肘が伸びた状態になってしまうと、肘に大きな負担がかかってしまいます。

次にトップからリリースまで持っていく時に、手のひらが前を向いてしまうと、肘の内側に負担がかかります。

ボールを投げる時は、小指から先に出し、肘を外旋させながらリリースポイントまで持っていきましょう。

そして、ボールをリリースした後は、親指が下となります。

球数を制限する

野球肘の症状にも個人差があります。

例えば、投球動作の中で、肘の痛みを感じることもあれば、人によってはあまり痛みを感じない人もいます。

すぐに痛みが出るのは悩ましいことですが、痛みを感じないまま投げ続け、気づいた時には治療に長い期間を要してしまうこともあります。

そのため、球数を制限することも、野球肘を防ぐための具体的な対策と言えます。

年齢や体の成長に合わせて、1日の球数を決めたり、休養日を入れるようにしましょう。

下記の表は、アメリカのMLBで定められいる年齢別に見た投球数のガイドラインです。

年齢 投球数の上限 休養日
0 1 2 3 4 5
7-8 50 1-20 21-35 36-50 N/A N/A N/A
9-10 75 1-20 21-35 36-50 51-65 N/A N/A
11-12 85 1-20 21-35 36-50 51-65 66+ N/A
13-14 95 1-20 21-35 36-50 51-65 66+ N/A
15-16 95 1-30 31-45 46-60 61-75 76+ N/A
17-18 105 1-30 31-45 46-60 61-80 81+ N/A
19-22 120 1-30 31-45 46-60 61-80 81-105 106+

引用:http://m.mlb.com/pitchsmart/pitching-guidelines

このように、メジャーリーグでは、少年野球のうちから発育の状況に応じて、肩や肘をケガ、故障から守るために投球数の基準を設けています。

ぜひ、球数制限の具体的な数を知りたい方は、こちらを参考にしてみてください。

肘、肩のアフターケアをする

投げた後は、肘や肩のアフターケアを忘れないようにしましょう。

最も取り入れられている具体的な方法としては、クールダウンとアイシングが挙げられます。

高校野球の甲子園でも、試合後にベンチ前で軽くキャッチボールをしている様子が見られます。

この軽いキャッチボールは、クールダウンとして、疲労回復のためにも効果的だと言われています。

また、アイシングも効果的だと言われており、多くの選手が取り入れている方法です。

野球肘に限らず、長く野球を続けるためにも、ケガはできる限り防止しましょう。

肩肘の故障を防止するための野球道具

野球肘についての、解説は下記の動画をご覧ください。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=HQVYKgey-XA

MIZUNO(ミズノ) アイシングサポーター(肩用) 1GJYA22100

MIZUNO(ミズノ) アイシングサポーター(肩用) 1GJYA22100

6,197円(07/17 18:21時点)
Amazonの情報を掲載しています
MIZUNO(ミズノ) アイシングサポーター(膝・肘兼用) 1GJYA22200

MIZUNO(ミズノ) アイシングサポーター(膝・肘兼用) 1GJYA22200

3,653円(07/18 07:51時点)
Amazonの情報を掲載しています